納得できる生前整理で悔いを残さないようにしよう

生きているうちの周辺整理

和室

自分が動けるうちに

エンデイングノートをはじめとして、自分が死んだ後に自分はこうしてもらいたいとか、葬儀はこのようにしてほしいとか、お墓はこのようにしてもらいたいとかいわゆる自分の死後のことを書き記して、残された人に実現をお願いする活動の終活が流行になっています。この対極になるのが生前整理です。終活は自分が死んだあとのことを、後に残された人に託すといった意味合いが大きいものですが、生前整理は自分が生きているうちに自分の周辺環境や、不動産などの財産類や動産類を整理していくものになります。生前整理は自分の意志でなおかつ自分で行いますので、自分が納得がいく整理方法になります。また自分が動かれるうちに行えば、周囲の人に迷惑をかけることはありません。

よく話し合って

世間でいうところのおひとり様と呼ばれている人の生前整理ならば、後に財産を残したいと思う人がいなければ、いくらでも自分一人で生前整理を行うことができます。しかし、所帯持ちであれば、自分が死んだ後に相続をする人がいます。その場合の生前整理は難しいものがあります。相続人がいれば、自分が生きているうちに自分のものだからとむやみやたらに処分できるものではありません。どうしても生前整理を行いたいのであれば、将来相続するであろう人たちとよく話し合ってから、生前整理を行うようにしてください。おひとり様でも実家に守るべきお墓がある人などは、勝手に墓じまいなどの整理をしてしまうと、親せきなどとのトラブルが起きかねませんので、そういう人たちも注意が必要になってきます。

老後の生活を快適に

ダンボール

年を取ると体の機能が落ちてくるため、片付けなどが億劫になってきます。家に物があふれた状態になると生活しにくくなるので、まだ体が動くうちにしておきたいのが生前整理です。不要な物がなくなれば快適に生活できるようになります。自分で出来ない場合には業者に依頼することもできます。

もっと詳しく

遺していく家族のために

女性

終活という言葉がある程、現代では生前整理について考える方が増えています。自分が亡くなった後の遺品整理を楽に行えるように、生前に不用品の処分や整理を行っています。

もっと詳しく

好きな物に囲まれた生活

ダンボール

不要な物が沢山あるとスペースがもったいないだけではなく管理するのも大変です。生前整理をしていらない物は捨て、好きな物や使いやすい物だけを残すと生活しやすくなります。しかし自分で生前整理をしようとすると、不用品の処分が大変で挫折してしまう人も少なくありません。業者に依頼すると楽に生前整理できます。

もっと詳しく